徒然日記

18年3月31日 その3872『逢坂誠二 の徒然日記』(5569)

昨日、防衛省の公文書にも
改ざんの疑いがあることが指摘された。

この指摘の真偽はまだ分からないが、
財務省の改ざん問題を発端にして、
日本の行政の信頼関係が大きく揺らいでいる。

====

『ペンタゴン・ペーパーズ』という映画が公開された。

50年近く前、ベトナム戦争を巡る米国政府の
機密文書報道の是非が問われた裁判があった。

当時のニクソン大統領が、
機密文書報道をした新聞社の
取材制限を明言するシーンがある。

国益をタテにして報道の制限を正当化しようとした。

しかし最終的に裁判所が
報道は公益に資するとの判断を下す。

今の日本を見ていると
この判断の重要さを痛感する。

報道の自由を守るもの報道。

過日の証人喚問を見て、
政権は真実を語る気持ちが
微塵もないことが明らかだ。

国会も報道機関も、政権におもねることなく、
政権のあり方をただすことができるのか、
その真価が問われている。

====

再稼働したばかりの玄海原発で
蒸気漏れが発生し発電がストップした。

ロシアの外交官の追放が各国で起きている。

ロシアが報復として各国外交官の追放を行なっている。

トランプ大統領の一国主義政策が強化されつつある。

中国と北朝鮮が急接近している。

====

安倍政権は内憂外患状態と言える。

しかし外患を口実にして、
内憂を放置するわけには行かない。

内憂も外患も、ともに重要だ。

====

立憲民主党北海道の結党大会が、
4月21日に開催される。

今日は、
その準備のため札幌に向かっている。

さあ今日もブレずに曲げずに
確実 に前進だ。
==  2018.3.31  ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 御苦労さま。
    年度末をもって一言。
    立憲民主党は、今の何十売もの努力をして三十年度は、政権奪取しなければ国民及び国外在住の日本人は大変な苦労をするでしょう。
    自分の嫁をどーすることも出来ない方に国を預けてもどーしようもない。
    国民が、一生懸命稼いで預けた税金を無駄ずかいし、又、自分の為にしか使わない様ではなんとも言いようが無い。

    毎日のように外食をして嫁は、あっちこっちと遊び歩いて、その金はどこから出ているのか?    その辺も注意して見るべきでしょう。

    みんなで頑張って新しい国造りをしようでは、ありませんか。

  2. ペンタゴンペーパーズ見たい映画なので見たら感想書きます。
    民進党が動いているようですが一時的な数合わせの駆け引きに動じず、立憲は今のままの進んでいけば時間が経てばたつほど国民に一番信用される党になると思います。
    信用というのはお金で買えない財産ですから今すでにある財産を失わないようにすることが一番大事だと思います。民進党の議員、個人個人で見ればいい人もたくさんいるのですが、党としてみた時、どうも信用ができないのです。
    しかしながら、立憲は代表の国会での党首討論をはじめとして昨日の中谷一馬議員や池田真紀議員にいたるまで党としての姿勢が一貫しているので、党として信用できるのです。
    逢坂先生のブレずに曲げない真っ直ぐな姿勢が立憲カラーだと思います。
    私は逢坂先生が怒っている時も好きです。真っ直ぐな人だと思うからです。
    菅原一秀の野次には私だって怒り爆発です。でも直接怒れないので、逢坂先生が奴に怒ってくれるとこっちまですっきりします。
    激動の国会真っ只中にいるので本当に大変だとは思います。
    お体を大切にしてくださいね。
    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です