徒然日記

18年4月20日 その3892『逢坂誠二 の徒然日記』(5589)

今月もあっと言う間に20日となった。

公文書の改ざん、不都合な事実の口裏合わせ、
データのねつ造、教育現場への圧力、
自衛隊日報の隠ぺい、自衛隊員の暴言事件、
行政の私物化、そしてセクハラなど 政府の異常事態が続く。

これらの異常な状況を政府与党が
一丸となって解明し、
きちんと説明して欲しいと強く要請しているが、
全く応ずる気配はない。

昨日も野党6党の幹事長が連名で、
与党幹事長に予算委員会の集中審議や
証人喚問を要請したがゼロ回答だ。

その一方、自分たちに都合よく
国会運営を進めるため理事懇談会などを
与野党の合意がないままに、
委員長の独断で開催を決めている。

民主的とは真逆の強権的な国会運営が続く。

与党の皆さんは、今の異常事態の深刻さを
全く認識していないようであり、
そのことも極めて深刻な事態と言わざるを得ない。

政府のあり方も、国会の運営も
極めて憂慮すべき深刻な事態に陥っている。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。 

==  2018.4.20 ==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 逢坂先生は無事に帰函されたようでよかったです。
    それにしても国会での与党議員の質疑は建前のオンパレードでとても虚しいですね。
    日本人は建前と本音を使い分けすぎて、中身が空っぽのままここまで来ちゃった気がします。本当の事をいうと煙たがられます。私はいつも煙たがられています。でも、嘘をいいたくないのでがんばって本当の事を言うようにしています。
    明日は会社の同僚の結婚式があります。結婚式に出席するのはかなり久しぶりなのでちょっと緊張します。
    明後日は枝野代表が午前は逢坂先生の北海道で、夕方は愛媛に応援演説に登場します。
    私はまたボランティアに勤しみます。楽しみです!!
    それでは、おやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です