徒然日記

18年6月14日 その3947『逢坂誠二 の徒然日記』(5644)

都内は今日も雲が多いが雨にはなっていない。

1)審議拒否

政府与党にいくらお願いをしても
予算委員会を開こうとはしない。

外交も内政も課題山積だ。

米朝会談に日本がどう関わったか、
拉致問題がどう扱われたのか、
森友加計問題の新事実に対する政府の認識、
新幹線の安全対策などなど、
とにかく政府と議論しなければならないことは多い。

しかし政府は、それらについて、
一切口を開きたくないようだ。

政府与党のかたくな審議拒否には呆れるばかりだ。

今日も予算員会の開催に向け、
与党に積極的に働きかけねばならない。

2)耕雲種月

毎日新聞HPで月一回程度、
コラムを書くことになった。

昨日が第一回だ。

皆さんにお読み頂きたい。

公文書管理、強い独立組織を作れ | 逢坂誠二の「耕雲種月」

https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20180610/pol/00m/010/052000c

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.6.14==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 今日は、ひがき良太松山市議と7名のパートナーズが松山市にあるマクドナルドで会い、市政報告会の打合せと、今後どのように草の根で政治の話を広めていくかについて話しました。愛媛は前加戸知事と県がタイアップして日本会議路線の憲法改正についてのミーティングがよく行われているそうです。なので、まずは今の憲法を学ぶ憲法カフェを開いた方がいいという話になりました。定期的に集まって話をするということにもなりました。
    愛媛は政治の素人が手探りで歩む感じです。でも、なかなかよいタレントを持った人達ばかりで話が尽きませんでした。
    国会では充分な審議時間を確保しないまま、IRやたばこなど法律の改悪が急ピッチで進められようとしていますね。一日でも早い政権交代を願うばかりです。
    明日は逢坂先生が質疑に立たれますね。楽しみにしています。
    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です