徒然日記

18年7月13日 その3976『逢坂誠二 の徒然日記』(5673)

今日も都内は暑い朝を迎えた。

寝苦しさで目が覚めた。

今日の予想最高気温は33度だ。

1)党利党略の選挙制度

参院の選挙制度改革はあまりにも酷い。

選挙は、民主主義の根幹をなすものだ。

その制度を、与党にとって都合の良いものに
変更しようとしている。

こんな暴挙は許してはならないが、
多数を占める与党が、
数の力でゴリ押ししようとしている。

選挙区間の1票の格差を
是正するとの触れ込みだが、
それは隠れみだ。

比例代表を特定枠として4増する。

これは2016年に「鳥取・島根」
「徳島・高知」で導入された「合区」で
議席を失う自民党議員を救済するのが目的。

共同通信社の世論調査では、
今回の公選法改正案に賛成は19.5%、
反対は59.9%にも達する。

審議を急いで強行採決するような法案ではないが、
今日の衆院委員会も与野党の合意なく、
委員長が職権で開催を決めた。

こんなことをすれば、
日本の民主主義は壊れてしまう。

自民党案は廃案にして、
再度、与野党が合意できる案を検討すべきだ。

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.7.13==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 今の国会審議は聞いていてとても疲れるので、私は今、音楽を聞いています。
    なぜならば審議になっていないからです。
    もう少し元気が出たら、また国会を聞こうと思います。
    でも、逢坂先生が質疑するならすぐ聞きます。
    明日は、宇和島市へ届ける救援物資を集めている所へ食べ物と衣類を持っていきます。
    想像を超える現実に心がついていけない今日この頃です。
    明日も暑そうです。函館は涼しいかな?いいなぁ~
    野蛮な国会審議に翻弄されてさぞかしお疲れのことと思います。
    ゆっくりおやすみください。
    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です