徒然日記

18年7月24日 その3987『逢坂誠二 の徒然日記』(5684)

函館は、日差しの強い朝を迎えた。

気温40度となった本州には及ばないが、
今日の函館は25度をこえる見込みだ。

1)人口減少対策

昨日、私の函館事務所で記者会見し、
今国会を振り返ると同時に、
私が取り組んだことの一端について話をした。

今後、立憲民主党として、
政策づくりのための
全国行脚をすることなども発表した。

合わせて立憲民主党8区総支部内に、
(仮称)人口減少対策本部を立ち上げて、
地域の人口減少問題にどう対処すべきかを
検討することも発表した。

この本部は、常任幹事会で承認され次第、
具体的な活動を開始することとしたい。

====

人口減少問題は、
日本が国をあげて取り組むべき急務の大課題だ。

しかし国の動きは鈍く、今国会でもこのことが
十分に議論された形跡はない。

このままでは国家の将来に大きな禍根を残す。

そこで私が代表を務める、
この地域から人口減少対策を
地域の目線で考えたいと思う。

今後、国、自治体、識者からの
ヒアリングなどを踏まえつつ、
対策案を提言したいと思う。

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.7.24==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 私は今、青木美希記者の取材による「地図から消される街」を読んでいるのですが、
    被災者が次々に直面する冷たい現実に心が痛みます。
    被災後に生活に絶望し自死を選ぶ方がいまだに後を絶たないようです。
    社会に抹殺された声なき声はそのうちに大騒音になって安倍政権に襲い掛かるのではないかと思います。
    旧約聖書 ヨシュア記6章にはイスラエルの民がエリコの街に侵攻していく様子が書かれています。神に従う戦い方は祭司はラッパを吹きならすことでした。
    https://ja.wikisource.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A2%E8%A8%98(%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3)
    よかったら逢坂先生も読んでみてください。
    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です