徒然日記

18年7月27日 その3990『逢坂誠二 の徒然日記』(5687)

昨日は、都内での会合後、
仙台で講演、そして帰函。

夜は、地元の商店街の皆さんと、
屋外でジンギスカン。

密度の濃い1 日となった。

1)人口減少対策

日本の人口が今後大幅に減り、
もう既に地域の色々な分野に
種々の影響が出ている。

少子化対策は待ったなしだが、
少子化対策だけで、
この状況を乗り越えられるものではない。

地域にとって不都合な影響を少しでも減らし、
地域の良さをどう維持するか、
数多くの対応が必要になる。

人口減による対策や
対応の必要な分野の例:

自治体のあり方
自治体議会のあり方
防災、国土防衛
学校
物流、買い物、
医療、福祉、
インフラの維持管理

====

とにかく考えるべき分野は多い。

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.7.27==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. ジンギスカンいいですね~20歳の頃に職場の仲間と鳥取県の大山にスキーに行った時に泊まった民宿で食べたのがとてもおいしかった記憶があります。それ以来、食べれていません。
    私は母親と二人で暮らしているのですが、お母さんの認知症がでてきた頃、私自身とても不安になりました。しかしケアマネージャーの方に相談するとアドバイスをいただき、デイサービスのスケジュールを組んでくれました。デイサービスに行くようになってお母さんもしっかりするようになり、元気になりました。年をとっても人とのつながりが必要なのだと思いました。民主党政権の時にできた介護保険制度のおかげで、本当に助かりました。政治の力は大きいですね。
    豪雨の傷跡がまだ残っているところに、台風が変な進路でやってきているのが心配です。
    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です