徒然日記

18年7月28日 その3991『逢坂誠二 の徒然日記』(5688)

昨日、函館市内での活動後、
国会での夕方の打ち合わせのため上京。

今日は朝一番で党を代表して
会合に出席した後、帰函。

午後には来客との面談などがあり、
夜は、逢坂誠二塾の開催だ。

密度の濃い、1日となる。

1)何もなかったのか

財務省の人事が発表された。

公文書の改ざん問題で
厳重注意処分を受けた
理財局長の太田充氏が、
予算を司る主計局長に栄転。

事務次官には岡本薫明氏が就任。

岡本氏は改ざん問題で、
当時の官房長として
これまた厳重注意処分を受けた。

今回の財務省人事を見る限り、
公文書の改ざん問題など、
一連の不祥事は
何もなかったかのような人事だ。

公文書を改ざんしようが、
虚偽答弁をしようが、
その場を取り繕えば、
不問に付すとの姿勢は、
組織として完全に
常軌を逸している。

麻生財務大臣は
「この人が(改ざんに)直接関与したことではない。
財務省の再生、刷新などを
やっていくにふさわしい人物だ」とか
「人事権はオレにある」などと述べたようだが、
たちの悪い開き直りとしか思われない。

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.7.28==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 今まで国民に選ばれた政治家として持っていたモラルあっての仕組みが安倍政治によってどんどん悪用され、ここまでひどい状態になっていることに愕然とします。また、今読んでいる「地図から消される街」での除染作業のいい加減さにも愕然とします。安倍政権の周りには人としての良心が欠落している人ばかりが群がっていると思います。というか、良心が欠落していないと周りにはいられないのだと思います。
    自民党議員が捉える国は、自分たちが都合よくお金を回す利権のためだけに存在しているもので、国民は生産性のある労働力としか見ていないのだと思います。単純馬鹿な杉田議員の発言は今の安倍政治の理念だと思います。
    今日は東京函館往復して、逢坂誠二塾もあり、ご苦労様でした。
    逢坂先生は私にとって暗闇の中に光る希望の星です。無理しすぎないようご自愛ください。
    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です