徒然日記

18年9月13日 その4038『逢坂誠二 の徒然日記』(5735)

震度7の大地震から一週間となる。

改めて亡くなられた皆さんに対して、
衷心よりご冥福をお祈りします。

また被災された皆さんに、
お見舞いを申し上げます。

まだインフラなどの回復が
十分ではない地域があり、
一日も早い復旧復興に
力を尽くしています。

====

一方、地震で影響の少なかった
北海道の多くの地域では、
生活状況は全くの平常に復している。

昨日は、乙部、熊石、大成などを回っているが、
函館をはじめとする渡島桧山管内も
地震発生前とほぼ変わらない生活が戻っている。

しかし激しい被害を受けた地域と同様の状態が、
北海道全域で続いていると
認識される方も少なくないようで、
函館などでは観光予約の解約が相次いでいる。

このことによって、
多くの事業者の皆さんが、
大変な苦境に陥っている。

渡島桧山管内の
旅館ホテル、交通機関、
朝市をはじめとする物販施設などは通常営業だ。

観光での来函は、
全く何の問題もない状態。

これから秋の行楽シーズンとなるが、
是非、多くのお客様に
訪問頂きたいと思う。

さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.9.13==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 今回の北海道の大地震では、震源地から離れたところにまで広範囲で長時間の停電が発生したという驚きが、地震の被害が北海道全体に及んでしまったような印象を与えたのだと思います。
    停電は原発にこだわるあまり、現状に即したエネルギー政策をしてこなかった人災でもあると思います。
    政治が変われば、今までとは違ってやりにくい人や、都合が悪くなる人も出てくるかもしれませんが、多くの人々の暮らしが随分と改善されると思います。

    逢坂先生の住んでいる函館の写真をみると、とても美しい街ですね。
    今日のFBでの写真もきれいな景色が写っていました。
    美味しいお蕎麦もたべてみたいので、私もできることなら行ってみたいです。

    こちらは昨日も今日も雨が降り続いています。
    すでにダメージをうけている地域が心配です。

    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です