徒然日記

18年10月8日 その4063『逢坂誠二 の徒然日記』(5760)

台風25号による道南地域への被害が懸念された。

昨朝は強めの風と雨になったが、
それ以上に強まることはなかった。

被害の報告も来ておらず安堵している。

今日は、早朝から5キロの
ノルディックウォーキングを行った。

久々に体を動かして気持ちが良い。

1)公文書管理

公文書管理法の改正について、
ツイッターなどで
いくつかのご意見を頂いている。

有り難いことだ。

こうした意見も参考にしながら、
党内議論を活発化させて
何とか臨時国会に
法案を提出したいと思っている。

2)加計学園

加計学園の加計孝太郎理事長が、
昨日、前回の記者会見から3ヶ月が経過し
2度目の記者会見を開いた。

説明責任を果たすことを求めた
愛媛県議会の決議を受けての会見だ。

愛媛県の文書の内容については、
「わからない」、「記憶がない」を繰り返し、
愛媛文書は「見てはおりません」と言う。

見てない文書の内容を否定するという
無責任な対応をするのだろうか。

会見ではやはり、
なぜ「読まずになぜ会見をしたのか」
との質問が出たが、
納得の行く回答はなかった。

何のための記者会見か、
意味がわからない。

一方、加計学園獣医学部の図書室には、
本がほとんどない状態だという。

国家戦略特区とは、
こんなことも許されるのか。

加計学園は泥沼状態だ。

さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.10.8==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんばんは。
    酷い会見でした。
    >国家戦略特区とは、
    こんなことも許されるのか。

    この国家戦略特区をはじめ、安倍政権下での経済財政やイノベーションなど、重要政策会議なるものを胡散臭く感じています。選ばれる会議のメンバーを見ると、はじめに結論ありきのように見えます。まるで内輪で大事なことが決定されているかのようですが、内閣直轄の会議とはこういうものなのでしょうか。チェックのしようもないのでしょうか。

  2. 今回の台風では被害がでなくてよかったですね。地盤が緩んでいる所が多くあると思うので安心しました。

    早朝歩くのは気持ちいいでしょうね。私は前、走っている時に、道路わきの家から小さいポメラニアンが突然出てきて、追いかけられたことがあります。
    それ以来、運動のために走ったり歩いたりするのはジムのマシーンを使うようにしました。でも、外の方が断然気持ちいいです。

    アメリカのアーミテージ氏が在日米軍基地について「日本と沖縄」の問題の板挟みになりたくないと発言されていました。

    米国は日本の主権を脅かすような圧力をかけたくないという姿勢なのですから、基地に執着しているのは日本=安倍政権の方なのに、自分たちに都合のいい解釈で米国に責任転嫁をしているようです。

    加計学園でも相変わらず嘘をつき通して突っ走っていきたいようです。嘘を突き通すことで億単位の補助金が流れてくるのだから、必死ですね。今治市の行政の対応も穴だらけで大問題です。

    安倍さんだって麻生さんだって時が来れば死ぬ人間。生きているうちにしか悔い改めができないのだから、死ぬ前に真っ当に生きるようにした方がいいと思うのですが、今だけ金だけ自分だけの事しか考えられないのでしょうか?嘆かわしいことだと思います。

    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です