徒然日記

18年10月11日 その4066『逢坂誠二 の徒然日記』(5763)

早朝から対応すべき案件があり、
今日も何かとバタバタしている。

今日の夕方には帰函予定だが、
飛行機が満席で確保できず、
ちょっと焦っている。

1)無償化

来年10月から幼児教育の
授業料などが無償化される。

日本では、
家庭で負担する教育費の削減が
急務の課題となっている。

高校授業料の無償化に取り組んだときは、
今の与党の皆さんから
バラマキとの激しい批判を受けたが、
今になってやっと教育費削減の必要さが
理解されたものと思う。

一方、保育所や幼稚園などを
運営する皆さんからは、
無償化分が本当に政府から
補填されるのかなど不安も多い。

そこで年度末の予算案策定に向けて、
政府からヒアリングを実施を開始した。

2)食前酒
過日の加計理事長の記者会見だが、
改めて何のために実施したのか意味が分からない。

逆に不透明感が増し加計問題への関心を高める、
食前酒のような役割を果たしてしまった印象がある。

加計理事長の意図は分からないが、
改めてこの問題に奥深さを感じている。

さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.10.11==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 条件が複雑な幼児教育の無償化では、かえって現場に迷惑がかかると思うのですが、大丈夫なのでしょうか?安倍政権のやった感だけのアピールで、結局振り回されるだけになるのでないかと心配です。

    加計理事長の記者会見は本当に食前酒のようですね。加計学園のいい加減さがまたしても露呈され、盛り上がってしまいました。それにしても加計学園の図書館は本棚しかないうえに、置いてある本といえば、冗談かと思うような本なので、笑ってしまいます。これが喜劇ならばいいのですが現実なので今治市民としては辛いです。

    公文書管理の抜本的な改革案について、今日のツイッターにあるような公文書の管理ができていれば国会でとぼけた答弁に振り回されることもないと思います。
    真実に基づいた審議をすすめるためにも大事なことだと思いました。

    今日は無事に帰函できたでしょうか?
    逢坂先生は飛行機での移動が多いので私の何十倍も空を飛んでいることと思います。
    なんだかうらやましいです。
    それではおやすみなさいませ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です