徒然日記

18年10月19日 その4074『逢坂誠二 の徒然日記』(5771)

24日召集の臨時国会を前にして、
さまざまな方からの連絡が多い。

国会で議論すべきことが山積し、
会期は出来る限り長くするべきだろう。

1)またか

来年10月の消費増税に向け、
政府は「キャッシュレス決済」をした客への
ポイント還元を打ち出した。

一方、公明党は、
プレミアム商品券の発行を検討するという。

キャッシュレスで買い物をする方、
さらにその機能を利用できる店舗、
いずれも現在の日本では多くはない。

商品券は、2014年度もそうだったが、
効果が疑問視されるうえ、
「バラマキ」との批判も多い。

いずれもなかなか理解し難い政策だ。

高額所得者に有利な軽減税率を止めること。

一方、きちんと納税して頂いた上で、
低所得者には減税で対応するというのが、
逆進性対策の王道だろう。

こうしたことを実施しやすくするためにも
マイナンバーを導入したのではないのか。

政府与党は目先のことにとらわれすぎている。

さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.10.19==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 道理の通らない方々を相手に筋を通そうとするほど骨の折れることはありません。
    これが個人的な関係ならば付き合いを避ければよいと思うのですが、国の在り方に関わることなのでそういうわけにもいきません。
    今治の「マイタウン」というフリーペーパーには加計学園応援記事が度々でます。最新号では、今回は文化祭を見送る予定だったのですが学生たちの強い希望で12月に行われることになり、学生が今治の企業に協賛を呼びかけているという事でした。
    文化祭よりも図書館の本が先だと思います。
    スタートが狂っていると軌道修正どころかやることなすことちぐはぐでおかしな事ばかりが起こります。行くところまでいかないとわからないのでしょうか?安倍政権が続く限り地方にばらまかれたリトルモンスター達の勢いは続くようです。

    興味があればネットでも以下のURLからマイタウン
    を閲覧できますのでどうそ。

    http://www.mytown-g.co.jp/backnumber/data/?ticket=&no=344

    それではおやすみなさいませ。

  2. 政府の出してくる、増税の痛みの緩和策があまりに唐突でチグハグで、安倍さんは増税をやる気がないのではと感じます。言われているように選挙対策で増税を引っ込める可能性もあるのではないでしょうか。
    その場合、立憲は現在の主張の増税凍結だけで対抗できるのでしょうか。立憲の一部の議員から消費税率引き下げという声もでていますね。消費が伸びない中、決して人気取り政策ではないと思うのですが。

    国会が近づき、お忙しいことと思いますが(いつもお忙しそうですけど)
    お体にはお気をつけください。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です