徒然日記

18年11月8日 その4094『逢坂誠二 の徒然日記』(5791)

今日は、早朝から
弁護士会の皆さんとの
意見交換会だ。

1)負けは勝ち

アメリカの中間選挙は、
上院は共和党、下院は民主党が、
優勢を占める結果となった。

いわゆるねじれ状態になったが、
トランプ大統領は
勝利宣言のような発言をしている。

私がトランプ大統領の立場なら
どんな発言をするか。

あんな発言はできないと思いつつ、
昨夜からのニュースを見ている。

2)後手

昨年、外国人実習生の7千人余りが失踪した。

これら失踪者のうち不法残留などの
入管難民法違反で検挙された
技能実習生を対象に、
入国管理局が事情を聴取した。

その結果、
失踪した外国人技能実習生の87%が
「現状の賃金などへの不満」
を失踪の理由に挙げたという。

やはりという感じだ。

賃金への不満が
具体的にどのようなことなのか、
それをもっと分析する必要がある。

賃金への不満を放置したまま、
次の新しい制度に移行すれば、
また不都合なことが生ずる可能性がある。

失踪理由の分析のためにも
調査結果全体の公表を求めるべきと思う。

ところが公表に関し法務省は、
「失踪者の傾向が明らかとなり、
失踪を誘発する悪影響も生じかねない」

山下法務大臣は、
「外国人の受け入れや共生のための
総合的な対策を年内に取りまとめる」と表明したが
法案とセットで提案すべきもの。

対応は後手だ。

さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.11.8==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは、やはり、言うだけの安倍総理ですね。
    マタマタ、がっかりです。少しでも成長した審議が今回はできるかと思ったら「残念な事です。なんでもカンデモ反対意見を発信するのでは無く、言う事は言って与党の審議の進め方に対する反省をさせなければなりません。
    そして、野党は何で異論を発信しているかという事をもっともっと説明をして行かなければ意味理解できないでしょう。と、なれば良い野党に対する理解もできない。
    そうすれば、逢坂さん達が行っている事も理解できない。これでは、残念ながら仲間を増やすこともできなくなります。理解してもらう為に工夫をして頑張るようにお願いします。最近の報道も安部氏が怖いのか何にも発しません。チラシでも打って頑張って下さい。
        お願いします。

  2. この間のインサイドアウトでの自民党外国人労働者等特別委員会 委員長の話を聞いていると、今の外国人労働者受け入れはブローカーによる裏口入国で行われているが、これからは国を挙げて正式に行うというようなことを言っていたのが非常に違和感を覚えました。
    現在のブローカーを取り締まって、新しい入国のための制度設計による会社が認可されるのでしょうか?
    全く漠然として具体性のない話しかでてこないのに、充分議論されたと言われていたので随分無責任な態度だと思いました。
    日本人の雇用を守ったうえで、外国人労働者の雇用状況を整えるという立憲の姿勢は筋が通ていて、そのようにすべきだと思います。でないと必ず大きな問題が起こるのは目に見えています。
    多文化共生で大切なことは人権を守ることだと思います。すでに色々と取り沙汰されている外国人労働者の問題を放置したまま、労働者の数だけを埋めるためだけ、とりあえず法案だけを通して具体策は後で!という与党の姿勢はあまりにも、あまりにも無責任です。

    逢坂先生、今日もご苦労様でした。
    それではおやすみなさいませ。

  3. >ところが公表に関し法務省は、
    「失踪者の傾向が明らかとなり、
    失踪を誘発する悪影響も生じかねない」

    これは、失踪をさせてしまうような酷い状況があることを、国が認めちゃってますね…。
    先にコメントされてる方も挙げておられますが、技能実習生はブローカーに対し多額の借金を背負っていると聞きます。
    政府は悪質ブローカーを排除する規制をする、そうですが、海外で何らかの人集めのためのシステムが出来ている中で、根絶が可能なのでしょうか。また、それが可能ならもっと早くにやるべきだった、と思います。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です