徒然日記

18年12月23日 その4139『逢坂誠二 の徒然日記』(5836)

来年の参院選挙に向けた
政策「立憲ビジョン2019」を
国民の皆さまともに作り上げるための
タウンミーティングを全国で開催中だ。

昨日、岡山市でのミーティングには
100名以上の皆さんが参加。

短い時間だったがワークショップ形式で、
たくさんの意見が出された。

今後もこうした集会を全国各地で実施する。

====

昨日、岡山から帰りの機内で、小泉元総理の
『原発ゼロ、やればできる』(太田出版)を読む。

書かれていることに、新しいことはないが、
原発ゼロのことを理解するには、分かりやすい本だ。

巻末の注釈資料も、どれも既知のものだが、
ひとつにまとまって使いやすい。

ぜひ多くの皆さんに、読んで頂きたい。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.12.23==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. おはようございます!「原発ゼロ、やればできる」読みます。
    今日は逢坂誠二塾、しっかりとお勉強します。

  2. 政策「立憲ビジョン2019」は、先日の立憲liveで触れておられた、政策コミュニケーションユニットの活動の一つでしょうか。どのようなものが出来上がるのか期待しています。難しいかもしれませんが、少しでも明るい未来像を示すものになるとよい、いや、していけたらよいと思います。

    原発ゼロをはじめ、公文書管理、民主党政権で示した国と地方の関係のあり方など、逢坂さんには国政でやっていただきたいことがたくさんあります。町から国政に出られた理由も著書で読みました。党でも重責を担ってらっしゃいますし、国会の逢坂さんの質疑は素晴らしいと思います。このところ毎日のように北海道のほうから報道がありますが、事態が逢坂さんの望む方向に進むことを願ってやみません。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です