徒然日記

19年1月31日 その4178『逢坂誠二 の徒然日記』(5875)

一月も末日だ。

函館駅前の老舗百貨店「棒二森屋」が今日で閉店し、
82年の歴史に幕を閉じる。

寂しい限りだ。

予算委員会の与党筆頭の協議が続いたが、
昨夜、予算委員長が職権で、
今日の理事懇談会の開催を決めた。

毎月勤労統計など統計に関わる不正が噴出している。

それにどう対応するかなど、
審議の前提を協議している最中にもかかわらず、
予算員会冒頭から完全な対決姿勢だ。

与党が、統計不正問題を軽く見ているとすれば、
日本の将来に大きな禍根を残す。

厚生労働省の統計不正がまた一つ明らかになった。

全国の8万事業所が対象の
「賃金構造基本調査」に関し、
本来、調査員が直接事業所に出向いて
調査票を配布・回収すべきものを、
不正に郵送調査にしていたというのだ。

しかも罪が深いのは、昨年11月、
総務省に郵送調査に変更したい
と相談していたという。

あたかも調査員が調査していることを
装っていたわけだ。

厚生労働省に統計問題不正解明、
自浄作用はないと思われる。

真相の解明は、
政府全体で行わねばならない。

「冬の灯や中立などと委員長」

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.1.31==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. おはようございます。
    私は昔、ボーニデパートの若い男性の洋服を担当する売り場に、正社員として働いていた時期がありました。色々と思い出がありますので、残念です。
    与党は、今が良ければそれでいいのでしょうかね⁈ 将来の事を考えると不安になります。

  2. 理事懇談会など、本日も遅くまでお疲れ様でした。
    タフな協議や交渉が続くと思いますが、頑張ってください!

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です