徒然日記

19年3月19日 その4225『逢坂誠二 の徒然日記』(5922)

週末帰函すると、
目、鼻、喉の炎症がピタリとおさまった。

ところが今朝から、またそれが発症。

花粉の影響であることが、ほぼ明らかだ。

2005年以降、東京滞在時間が長くなって、
徐々に体質が変化したということなのか。

一昨日の高校生が提案したように、
花粉症の対症療法だけではなく、
花粉を発生させない原因療法も必須だと感ずる。

====

「赤提灯横目に急ぐ朧月」

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進します。
==2019.3.19==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 花粉症、辛そうですね…。
    知り合いが「タウロミン」という薬が効いたと言ってました。
    販売している薬局は多くないようですが、漢方が入った市販薬だそうです。薬剤師の逢坂さんに差し出がましいことを言うのは?と思いましたが、ご参考まで。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です