徒然日記

19年3月20日 その4226『逢坂誠二 の徒然日記』(5923)

昨日、児童虐待防止法と
児童福祉法の改正案が閣議決定された。

====

親権者らによる体罰禁止を明記。

児童相談所の子供の一時保護を担当する部署と、
保護者の相談を受ける部署を分け、
虐待事案への対応力を高めること。

児相には医師なども配置する。

「体罰」の定義は厚生労働省が今後、
指針などで具体的に示す。

親が子を戒めることを認めた
民法の懲戒権の扱いは
施行後2年をめどに検討。

医師、保健師の配置義務は22年4月に施行。

中核市や特別区の児相設置を促すため、
施行後5年間は政府が人材確保などで支援。

====

こんな内容だ。

昨年、我々が
児童虐待防止に関する法案を提出したが、
政府与党は見向きもしなかった。

その後、各地で児童虐待の実態が明らかになり、
政府はやっと重い腰をあげた。

対応が遅きに失したと言わざるをえない。

今後、政府案の課題なども見極め、
我々の考えも含めて
確実な審議をしなければならない。

====

「人待たせ駅のきしめん余寒かな」

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進します。
==2019.3.20==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です