徒然日記

19年5月5日 その4272『逢坂誠二の徒然日記』(5969)

こどもの日だ。

GWもいよいよ
今日と明日のみとなった。

参院選、衆院選に向け、
政策をブラッシュアップする。

1)憲法

安倍総理は一昨日、ビデオメッセージで
2020年を新しい憲法が
施行される年にしたいとの
気持ちに変わりはありませんと述べた。

憲法がどうあるべきかの議論は、
不断に行うことが大事だが、
安倍総理はやっぱり分かっていない。

総理自身が期限を区切って
改正の旗を振るべきものではない。

しかも総理のこれまでの
憲法に対する発言を聞いていると
なぜ改正が必要なのかの理念は全くない。

とにかくどの条項でも良いから
改正することが目標になっている。

こんなにも憲法のことを、
さらに憲法を取り巻く現状も
理解していない方とは
まともな憲法議論ができるとは思われない。

本当に困ったことだ。

2)所得

日本は、経済規模世界第3位の経済大国だ。

しかし個人所得は、世界30位あまり。

決して日本国民は富裕な状況ではない。

日本国民の所得をあげる、
これが今、政治が取り組むべき
大きな課題の1つだ。

今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.5.5==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です