徒然日記

19年5月20日 その4287『逢坂誠二 の徒然日記』(5984)

函館の日の出は4時13分。
朝日の強い光で目を覚ました。
朝の気温は12度。
日中も20度を超える見込みだ。

1)GDP
先週13日、内閣府が発表した
3 月の景気動向指数からみた国内景気の基調判断が、
6年2カ月ぶりに「悪化」となった。

外需の低迷で、生産や輸出が落ち込んだことが背景だという。

客観的には景気後退といえるが、
政府はそれを認定してはいない。

米中貿易摩擦などの先行きが不透明でもあり、
国内景気にはさらに下押し圧力がかかる可能性もある。

====

今日、1〜3月期のGDPが発表される。

あるマスコミがエコノミスト28人を対象に
15、16両日実施した調査では、
GDP 予想の中央値はマイナス0.3%だった。

今日、どのような数値が出るのか、
マイナスとの見方が多いが、
マイナス幅が大きくなれば、
秋の消費増税実施の可否に影響を与える可能性もある。

今日の発表が注目される。

2)選対本部
昨日、参院選挙に向け
8区管内の選対本部を設置した。

本部長は私が拝命する。

勝部賢志さんの勝利に向け、
100名近い参加者が心を一つにした。

さらに衆院選挙の可能性についても言及した。

解散ということになれば、 選対本部もそれに向け、
迅速に体制を組み直すことも意識合わせをした。

夏に向かって、改めて選挙モードに突入だ。

今日は朝の時間、街頭に立ち、
その後、上京となる。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.5.20==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. GDPが出ましたが、エコノミストが予測したものと、随分違うのが不思議でした。また、内需はよくなってる、という茂木さんの見解も不思議でした。こうやって、安倍政権では経済はいいのだという印象が保たれる、そんな気がします。

    つい先日、専修大学教授、野口旭という方が出演する番組を、経済オンチの私なりに聞いていました。このままアベノミクスを続ければ、デフレ克服できる、景気が回復していて正規雇用が増えている、ブラック企業は減っている、そんな話でした。今日逢坂さんが指摘されていたような、個人や国民生活についての言及はあまりありませんでした。
    しかし、6年経って道半ば、ですよね…。
    大胆に金融緩和した、円安にした、ということはわかりましたが、安倍政権は他に何かしたんでしょうか。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です