徒然日記

19年5月21日 その4288『逢坂誠二 の徒然日記』(5985)

昨朝は、函館市内で街宣を行った後、上京し、
国会内での仕事に入った。

今朝の東京は雨。
朝の時点で気温は既に19度。
暖かい空気が流れ込んでいる。

1)GDP
昨日、1〜3月期のGDP速報値が発表された。

プラス成長とのことだが、
内容は決して楽観できるものではない。

実質GDPは前期より
0.5%増、年率2.1%のプラス。

マイナス成長を予測する
エコノミストが多かっただけに、
発表当初は驚きの声が上がった。

しかしGDPの詳細が分かるにつれて、
驚きの声はしぼみ、
日本経済への懸念の声が聞かれるようになった。

日本経済を支える主要項目はいずれも低調だったからだ。

民間消費は前期比0.1%減、
設備投資は0.3%減、
輸出は2.4%減、輸入も4.6%減。

個人、民間に着目すると総じて弱め、
全体でプラスだが内容は悪い。

輸出以上に輸入が減ったことで
統計的にはプラス要因となったが、
経済的活動が縮小していることは事実だ。

これらのことは株価の動きにも反映された。

朝方のうちは、
GDPが市場の事前予想よりも上ぶれして、
一時的に買い注文の動きが強まったが、
時間がたちGDPの詳細内容が分かるにつれて、
日経平均は上げ幅を縮めることになった。

一見良さそうに見えたGDPも、
日本経済への不安を強める結果となっている。

今日も早朝から夜まで、
密度濃く日程が詰まっている。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.5.21==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 毎日読ませていただいています。多忙な上に参院選が近づき、超多忙とお察します。選挙を前に政策のブラッシアップも大切ですが、
    もっと必要なのは、その政策を体現した国民の心に届くキャッチフレーズです。それによって、自公政権と何が違うのか、はっきり示してください。今のままでは、野党はごちゃごちゃしてる姿しか見えません。
    旧民主党政権の、例えば「コンクリートから人へ」はすばらしいキャッチフレーズでした。でもそれを自ら捨てた。だから裏切られた感が未だに拭えないのです。他にも、政策は正しかったのに、実現できなかった。それは何故だったのか、ただ反省ではなく、理由をはっきり国民に示すべきでした。
    いつまでも安倍首相に、悪夢だったなどと言わせないでください。悪夢だったのは大震災と福島原発事故でした。でもそれは民主党政権のせいではありません。対応はぎりぎり精一杯やったと思います。自信を取り戻し、主張すべきは、ゆずらず主張してください。
    「地震国で原発はやめよう!」

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です