徒然日記

19年6月14日 その4312『逢坂誠二 の徒然日記』(6009)

都内は青空の広がる朝を迎えた。
過日の梅雨空が嘘のようだ。

国会は衆参ともに
予算委員会が開かれる見通しはない。

参院規則38条に次の規定がある。
====
委員の三分の一以上から要求があつたときは、委員長は、委員会を開かなければならない
====

参院ではこの規定に基づいて、
予算委員会の開催を要求した。

しかし与党も政府も全く開催する気がない。

規定が空文化している。

====
憲法53条にも似た規定がある。
====
いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、
内閣は、その召集を決定しなければならない。
====

2017年、この53条に基づき、
国会開催を要求したが、
安倍内閣は3ヶ月以上も国会を開かず、
9月28日臨時国会収集と同時に衆院を解散した。

院の規則も守らず、
憲法も守らず、
安倍内閣の究極の審議拒否が続いている。

安倍内閣のもとで、
日本は名ばかり法治国家となってしまった。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.6.14==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です