徒然日記

19年7月2日 その4330『逢坂誠二の徒然日記』(6027)

今日は半夏生だ。

そして「うどんの日」でもある。

====
昨日は、大阪で関西プレスクラブの
参院選前の公開討論会が行われた。

各党の代表が出席しての討論だ。

公明党は、年金問題を
選挙の争点にしてはダメだと主張した。

自民党は、老後に2千万円必要とすることは、
選挙の争点にならないという。

どちらも重要なことだと思うが、
両方とも争点化しないのが、
与党の方針らしい。

なぜだ。

それほどこの問題は避けたいことなのか。

年金や老後の生活のどうすべきか、
これは政治の大きな役割だろう。

====
討論会に引き続き団体まわりなど、
亀石倫子さんの応援に入った。

亀石さんの評判が良い。

亀石さんを国政にという強い声を聞く。

亀石さんは弁護士として、大きな働きをした。

国政でも、その力をいかんなくなく
発揮してくれることと思う。

頑張れ、亀石!!

今日は帰函し、地元の会合に出席する。
さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.7.2==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です