徒然日記

19年7月23日 その4351『逢坂誠二 の徒然日記』(6048)

世の中は、選挙などがなかったかのように、
普段通り動き出している。

テレビニュースもちょっとだけ、
選挙後の話をするが、それも単なる日常の一コマだ。

今回の選挙、一人区の野党共闘に関し
色々な意見があるが、野党が分裂しては、
今の与党に勝利することはできない。

10選挙区での勝利は野党共闘の賜物だし、
前回よりも野党共闘の内容が進化したものと思う。

選挙直後の今、各党間で課題を整理し、
今後の野党共闘のあり方について、
確実な見通しを持つことが大切だ。

また次の衆院選挙で
乱立する野党間の調整をどうするかも大きな鍵だ。

野党候補が乱立すれば与党を利することになる。

野党候補を絞り込むために、
予備的な選抜過程を公開し、
事前に民意を汲み上げることも一案だろう。

これは参院の複数人区にも利用できるかもしれない。

法的な予備選挙の仕組みはないが、
色々な手立てを検討する必要がある。

今日は早朝便で帰函する。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.7.23==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です