徒然日記

19年8月7日 その4366『逢坂誠二の徒然日記』(6063)

北海道も東京も暑い日が続いています。
熱中症への注意が必要です。
一方、九州などでは台風被害も出ています。
こちらにも十分な注意が必要です。

====
昨朝、北朝鮮が、飛翔体二発を
日本海に向けて発射しています。

高度約37キロ、飛行距離は約450キロで、
短距離弾道ミサイルらしいとのことです。

北朝鮮による飛翔体の発射は
この2週間で4度目となります。

この飛翔体発射について岩屋防衛大臣は、

「短、中距離であっても、
わが国にとっては重大な脅威だ。
警戒監視に万全を期し、
総合ミサイル防衛体制を着実に整備する」

と述べています。

しかしどちらかといば、
静観している雰囲気が漂っています。

2年前、Jアラートによって警報を発し、
地域ではサイレンを鳴らし、
緊急避難のやり方も明示した
対応とは大違いです。

国難と煽ったあのときと、
今は何が違うのでしょうか。

短中距離だからでしょうか。

トランプ大統領が
あまり問題にしていないからでしょうか。

安倍内閣のあまりにご都合主義的な対応に、
呆れるほかはありません。

それと日韓の溝の深まりに懸念が広がります。

====
今日8月7 日は、
北海道の多くの地域で七夕です。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.8.7==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です