徒然日記

19年12月26日 その4507『逢坂誠二 の徒然日記』(6204)

昨日、カジノ誘致を巡る収賄罪で
自民党議員が逮捕されました。

我々はカジノは不正や腐敗の温床になると
繰り返し訴えてきました。

安倍政権はカジノが地域経済にも
プラスになるとも言っていましたが、
外国の特定企業の儲けと
特定議員の利権となっているのが
現実ではないでしょうか。

カジノを中止する法案を国会に提出し、
カジノの問題点を改めて議論すべき
と考えています。

====
かんぽ生命保険の不適切販売をめぐって、
日本郵政の長門正貢社長、
日本郵便の横山邦男社長、
かんぽ生命の植平光彦社長の3人が
辞任する見通しとなっています。

3人も揃って辞任するのは異常な事態です。

これに関連し総務事務次官も交代しています。

安倍総理は、この問題と無関係を
装いたいのだと思いますが、
かんぽ生命の不適切販売は
無理な民営化の歪みです。

いま一度、郵政事業のあり方の議論が必要です。

====
今年の新生児は、
推計86万4千人にとどまる見込みで、
初めて90万人を下回ることになります。

人口の自然減は51万人余りにもなります。

人口減少対策は急務です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2019.12.26===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です