徒然日記

20年3月3日 その4575『逢坂誠二の徒然日記』(6272)

ひな祭りです。

新型コロナウイルス感染に関し、
各方面への影響が広がっています。

やはり政府の初動をはじめ、
初期段階の認識の甘さが、
感染の悪化に繋がっている
との指摘が多く寄せられます。

今回の新型コロナウイルスの
指定感染症への指定時期に関し、
1月28日の段階で政府は、
2月7日になるとの立場でした。

衆院法制局との慣例だなどの
説明をしていました。

なぜ1週間以上も先送りをするのか、
という強い指摘を受けると、
あっさりと2月1日指定に変更となりました。

つまりこの問題を深刻に
受け止めていなかった節があります。

また専門家の初会合は2月16日です。

これはどう考えても遅すぎます。

水際対策として、
武漢を含む湖北省からの入国制限を
2月1日から実施しました。

直感的、感覚的には、
湖北省からの入国制限は理解できます。

しかしあの時点で湖北省だけで良かったのか、
その科学的検証、根拠は薄弱だったようです。

こうした点を見ても、
政府の認識が甘かったことが分かります。

====
昨日の参院参院予算委員会で安倍総理は、学校の一斉休業に感し、

「直接専門家の意見を伺ったものではない」、
「判断に時間をかけるいとまがない中、私の責任において判断した」

と答弁しました。

つまり科学的根拠に基づくものではなく、
政治判断だったということです。

こうした状態ですから、
発生する様々な弊害について、
対応策を検討した上での
判断でもないことは明白です。

現場で様々な混乱が発生するのは当然です。

政府の対応がどうであれ今日も、
会派共同の対策本部会議を開いて、

我々の対応策を進化させます。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2020.3.3===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 選挙区民です。
    休校要請に立憲が反対していますが、北海道は教員などが感染し一斉休校、北見市では企業による販売会で集団感染が起きました。それでこれ以上拡大を防ぐために緊急事態宣言が出て先週の土日は外出自粛要請が出ました。
    予算委員会では遅い、前に言っていた事と違う、休校をする必要があるのかと色々言っていますが、刻々と状況が変わる未知数のウイルスです。治療法も無い。感染力も感染経路も分からない。無症状の人が知らずに広げているかもしれない。そうならない前に、大事を取って感染拡大を抑え込もうとしてるぐらい分かりますよね? 検討している内に拡大したら『そんな事をしている場合か早くやれ』とか批判するんじゃないですか。
    江差等での集いを中止したのも感染拡大を防ぐ為ではないのですか?

    またPCR検査は精度が低い。韓国や武漢では軽症患者や無症状の人が殺到して、医療現場が崩壊しました。日本も同じようになったらどうするんですか?デマに流され買い占めが起きた様に。
    無責任な批判ばかりしないで、どう感染拡大を防げるか、与野党一体で対策を考えてほしいです。

    長文失礼しました。

    蓮舫氏に北海道は窓開けると寒いとお伝え下さい。

  2. ご無沙汰しております。
    国会を見てすぐに思ったことは、事情が色々とおありだと思いますがマスクをしてないことに違和感を感じました。
    確かにマスクを口にして話すのはできないと思いますので質疑応答の時は例えばマスクを下に下げて話しをすると言う事等もできるのではないでしょうか?

  3. マスクを政府が買ったら医療機関とか介護施設とかもっと困らないんですか?テレビで入荷の見通しを病院の先生が電話で聞いていたら見通しはないと言われていました。病院が診察できなくなったらコロナ以外の病気の人が困るし、介護してもらえなくなる方達も困ります。それも一緒に考えないといけない事だと思います。
    こんなにマスクがないと言っているのに10年前のマスクの確認をしていないなんて。もしかしたら自分たちが使っているのかも・・・。支援者とかに送ったかも・・・とか疑ってしまいます。ちゃんと在庫確認して何に使ったか明確にしてほしいですね。総理の答弁はちょっと怪しい・・・。
    国民が嘘だとわかる嘘をつくと新聞に載っていたそうです。嘘やごまかしがばれていないと思っているのは総理だけ。それがわかっていないのも総理だけ。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です