徒然日記

20年4月20日 その4623『逢坂誠二 の徒然日記』(6320)

帰函できないこともあり
昨日もネットによる
オープンミーティングを実施しました。

函館の方にも参加頂きましたが、
私の秘書も含め全国16名の方と話をしました。

====
教育への懸念
虐待と児童相談所の問題
融資では乗り越えられない
リーマンショックとは全然違う状況
赤字国債の発行をどう考えるか
立憲民主党の発信について
給付金が10万円になり減額になる世帯もある
メディア発信は与党や東京都中心
ミュージシャンなどへの支援を
野党も分かりやすく毎日会見すべき
 原因不明の死者が増えている
スーパーのレジ打ちの皆さんが危機に晒されている
感染した医療関係者が労災認定されない
立憲民主党も情報発信のポータルサイトを作るべき

以上など、色々な話を頂きました。

====

政府の批判をしても意味がありませんが、
とにかく対応が遅く、
多くの方から不満の声が届けられます。

与党の反対がなければ
新年度予算の組み替えは可能でした。

そうすれば今、この時点で
使えるお金があったはずだと思うと、
本当に残念です。

====
以前から指摘しておりますが、
事業収益の減少で家賃やテナント料が払えない
との声が多く寄せられます。

現在、共同会派「立国社」でも、
こうした声に応えるための法案を検討中です。

先週の政府与野党連絡協議会では、
超党派でこの問題を検討することを、
我々から提案させて頂きました。

今日以降、その具体化に向けて
取り組みを加速させて行きます。

====
地元あるきはできませんが、
色々な手法で皆さんの声を聞き、
確実に政策に生かして参ります。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.4.20===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. ごくろうさまです。
    最近立憲民主党の方がネットでたたかれることが多くないですか。
    安倍の信者は目の敵にして失点をごまかそうとちょっとでも隙あらば叩こうとしている、そう思いませんか。蓮舫さんなんかもすぐかみついている気がして、あの人たちの格好の餌
    になっている気がしますよ。みなさん逢坂さんのような感じでいるといいんですが。
    そして健康に十分ご注意ください。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です