徒然日記

20年5月28日 その4661『逢坂誠二 の徒然日記』(6358)

昨日、2次補正予算が閣議決定されました。

驚きました。

30兆円余の補正額のうち、
予備費が全体の 3分の1あまりの10兆円です。

安倍政権に予算執行の白紙委任状を渡すようなものです。

あるいは安倍政権自身が、
予算編成ができないと職務を放棄したようなものです。

今回の補正予算には、家賃対策をはじめ
我々が要求したいくつかの項目が盛りこまれています。

額が少ないなどの問題点はありますが、
一定程度評価できると思っていたのですが、
この常識外れの予備費については
事前の協議では何も言及がありませんでした。

使途が決められない予算をこれほど計上するならば、
我々の主張した家賃や児童扶養手当、医療支援などに
増額計上すれば良かったのにと思います。

空前絶後の予備費計上を見て、
安倍政権は完全に末期的状態であることを再認識します。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.5.28===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です