徒然日記

20年11月28日 その4845『逢坂誠二 の徒然日記』(6542)

昨日も朝からコロナ対策の会議、
午後は同じくコロナ対策で
全国の都道府県連の皆さんと
ネットで意見交換をしております。

夕方は、原発の避難計画や核燃料サイクルに関し、
経済産業省、内閣府、原子力規制委員会から、
2時間にわたり意見交換を行なっております。

政府は核燃料サイクルにメリットがあると言いますが、
メリットがあるように私には思われません。

たくさんの放射性廃棄物、
使用済みMOX燃料などを生み出すほか、
環境に大きな負荷を与えます。

しかもコストが高いのです。

これを進めると将来に
間違いなく禍根を残します。

避難計画については、
いくつか確認ができました。


自治体避難計画は自治体の防災会議で決める


国はその作成の支援はするが、
計画の良否などの判断はしない

改めてこうしたことを確認していますが、
これは極めて重要なことです。

日本では原子力規制基準の中に、
避難計画を入れておりません。

この意味は、
各地域にはそれぞれの特性があって、
住民の安全に一義的な責任のある自治体が
防災避難計画を策定することが最も適当である
という考え方に基づいているからです。

避難計画においては、
自治体の考え方が基本になると言うことです。

先日までの答弁によれば、
しっかりした避難計画ができなければ、
稼働前の原発に核燃料は装着しない、
核燃料が装着された原発であっても
実態として稼働はしないとのことです。

しっかりとした避難計画が、
原発稼働の大きな条件になっています。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2020.11.28===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です