徒然日記

21年3月18日 その4955『逢坂誠二 の徒然日記』(6652)

今日の東京の日の出は5時48分、函館は5時43分です。

もっとも日の出の遅い時期と比べると
1時間以上も早くなっています。

明日以降も、2、3分程度、日の出が早くなります。

====
政府は今日、 1都 3県の緊急事態宣言の
解除を決める方向のようです。

確かに1月7日の
緊急事態宣言発出時の感染者数からは
大幅に減少してはいますが、
昨日の東京の感染者は409名となり、
下げ止まりからリバウンド傾向です。

緊急事態宣言を1か月延長し、
さらに2週間再々延長したにも関わらず、
感染者数を十分に抑え切れておらず
誠に残念な状況です。

私は、緊急事態宣言の延長は、単なる延長ではなく、
対策の変更と総理の強いメッセージが
セットでなければならないと指摘してきましたが、
それも実施されず、単なる延長を繰り返すだけに終わったと言えます。

緊急事態宣言に疲れると同時に、
緊急事態宣言慣れが起こり、
緊急事態という言葉の効力を失わせたことは、
重ねて残念に思います。

今の状況は、抗生物質の不適切な使用によって、
薬剤耐性が生じたのと似ていると私には見えます。

現在、変異株を見つけるためのゲノム解析は
陽性者全体の5~10%に留まっています。

今日の宣言解除方針の発表に合わせて、
菅総理は、ゲノム解析を早い段階で40%程度にまで引き上げ、
地域の感染状況を調べるモニタリング検査も
全国的に集中的に行うよう自治体に求めるようですが、
以前から我々が提案していたことが、
やっと少しだけ動くようです。

しかしあまりにも遅過ぎます。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.3.18===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です