徒然日記

21年5月9日 その5007『逢坂誠二の徒然日記』(6704)

日の出の頃には、
太陽の光が明るく降り注いでいたのですが、
6時頃から弱い雨になりました。

大気の状態が不安定なようです。

昨日は、
自宅から函館山が霞んで見えないほど、
函館も黄砂に覆われました。

今朝の雨は、空気中の黄砂を
洗い流してくれそうな雰囲気です。

1)気付き

昨日は、函館市内で、
色々な方から話を伺う機会がありました。

特に函館や道南の地域づくりについて、
突っ込んだ意見交換ができたことは、
本当に有り難く思います。

新たな気付きもたくさんありました。

「衆議院議員の逢坂誠二です」と自己紹介した後、
ある方とお互いのことについて意見を交わしました。

その中で、「衆議院議員って、政治家なのですか」との質問。

私は思わず「???」、絶句です。

そうか、こうした認識の方もいるのだ。

政治とか、法律とか、憲法など以前の問題、
基本的認識が全く違った方々がいる。

これじゃ会話が成立しないはずです。

政策を訴えるとか、
考えをいくら伝えても伝わらないはずです。

多くの皆さんと、将来に向かって何をすべきかを語り合うこと、
それらは私達にとって重要なことだと感じています。

しかし語り合いの前提となる共通認識が成り立っていない、
昨日は、こうした気付きのある大きな1日となりました。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.5.9===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です