徒然日記

21年5月26日 その5024『逢坂誠二 の徒然日記』(6721)

今日は、東京も函館も晴れ間の広がる1日となりそうです。

今日は満月、多くの地域で皆既月食が楽しめる見込みです。

20時9分頃から28分頃にかけてがピークです。

月の下には、さそり座の一等星、アンタレスが赤く光り、
赤銅色の満月との対比がどんな雰囲気になるのか気になります。

皆既食が終わると月は徐々に明るさを取り戻し、
9時52分頃には地球との距離が今年一番近い満月、
いわゆるスーパームーンとなります。

 
1)渡航中止など

アメリカ国務省は24日、
日本への渡航警戒水準を
最高レベルの「レベル4」に引き上げ、
「渡航中止」を勧告しました。

「新型コロナのため、日本には渡航するべきではない」と勧告。

====

日本がこれほど深刻な実態にあるということです。

こうした中、政府は、
北海道や東京などに発令している緊急事態宣言の延長について、
今週金曜日にも正式決定する方向で検討に入ったようです。

宣言の延長の期間については、来月20日までとする案が有力です。

これで4週間連続で、
「金曜日が緊急事態宣言の日」となる可能性が高くなります。

小出しにした宣言を逐次延長、この繰り返しが続きます。

2 )やっと重い腰が

コロナ感染が継続する中、政府に対し、
事業者や個人への支援、雇用調整助成金の延長、
ワクチン接種体制の強化などを繰り返し要請してきました。

ここに来てやっと政府が重い腰を上げるようです。

====
ハローワークで求職中か、生活保護を申請中で、
預貯金が100万円以下の世帯を対象に現金の給付を行う方向です。

ただし対象は全国で 20万世帯、
総額500億円程度とあまりに規模が小さ過ぎます。

====
雇用調整助成金の特例延長もやっと視野に入って来ました。

雇用調整助成金は、現在の予定は6月末までで、
7月からは段階的に縮減の方向でした。

しかし経営が著しく厳しい企業や緊急事態宣言地域などでは
7 月以降も特例を維持する方向で検討に入ったようです。

====
医療機関向けのワクチン接種費用は、
現在1回当たり2070円ですがこれを増額する方向です。

7月末まで 4週間以上継続して接種する診療所を対象に、
週100回以上の場合は1回2000円、
週150回以上なら3000円を上乗せなどが柱になります。

====
こうした点に関し、多くの議員が
委員会質問などでも繰り返し要請しておりますが、
やっと実現の方向となりました。

しかし個人給付は規模も小さく給付時期も遅すぎます。

また事業者への支援は、未だに現行制度のままです。

これでは事業継続が難しい方もたくさんおられます。

さらに強力に政府に要請しなければなりません。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.5.26==

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 昨日の日記にあった公文書管理に関するご意見に全面的に賛同します。現行の管理法を抜本的に改革し、政府から独立した公文書管理機関の設置に取組むというご決意に期待します。現政府の国会軽視、立法権を弱体化させ、閣議決定で重要なことを決める、行政権の乱用は目に余ります。内部でどんな議論があってのことなのか、せめて事後に公文書で明らかにされるべきです。国の進路を考えていく上で、過去の検証なしに正しい選択は出来ないのですから。国民の知りたい正確な情報を開示する独立機関としての公文書館の実現に力を尽くされることを切に要望します。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です