徒然日記

21年7月3日 その5062『逢坂誠二の徒然日記』(6759)

函館の日の出は午前4時7分。

日の出前に目が覚めて活動を開始していますが、
空全体に雲が広がり朝日の様子は良く見えません。

日の出前の気温は17度程度、日中は22度程度で、
終日、雲の多い天候のようです。

1)乙部町

国会が閉会し、色々なところを歩き回っています。

昨日は乙部町を回りました。

例によって色々な話を聞かせて頂きましたが、
やはり一番の話題は館浦の国道229号通行止の件です。

早く開通して欲しいとの意見が圧倒的に多いのは当然です。

しかし現場の状況を知る方からは、早期開通は望ましいが、
さらに崖が崩壊する危険あるので、安全に充分配慮すべきとの声もあります。

通行止めが長期間に及ぶ際には、今の迂回路の冬期利用は極めて危険です。

こちらの安全対策を充分に行う必要があります。

====
昨日、帰函後、現場を担当する函館開発建設部にお邪魔し、
部長らと打ち合わせを行いました。

先月23日の技術検討会議でも既に明らかになっていますが、
今後も崩落する可能性のある箇所が複数あります。

それらにどのように対処するのかを
明確にしなければ2次災害が懸念されます。

早く予算を確保して通行止め解消をすべきとの声が多いのですが、
再度の崖崩れを防止する方法が決まらなければ、
確保すべき予算の額も決まりません。

今は、専門家の知見を踏まえて応急対策を検討している段階です。

この過程を踏まえつつ、一日も早く開通できるよう、
国土交通省とも調整して参ります。

2)熊

各地でクマの被害が発生しております。

昨日は、渡島館内福島町の山林で、
クマに襲われた可能性のある性別不明の遺体が発見されました。

先月27日には、知床でヒグマが飼い犬3匹襲い、1匹死んでいます。

同じく18 には、札幌市東区の住宅密集地でクマが闊歩し、
怪我人も出る大騒動となっています。

こうした騒動を受け、先日、知り合いのハンターにクマの話を伺いました。

====
熊も鹿も増えている。
鹿は農作物を荒らすが、頭数が多すぎて撃ちきれない。
熊がビートを食べてに出てくる。
抜いたものを直ぐに食べず、
2、3日乾燥させてから再度食べに来ている。
熊が人間社会に食物を漁りに来ている。
==以上==

こんな話を聞かせて頂きましたが、
熊の変化は人間の生活の変化に呼応しているといいます。

熊の被害を防ぐためには、
まず我々の生活のあり方を見直す必要があります

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.7.3===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です