徒然日記

21年7月11日 その5070『逢坂誠二 の徒然日記』(6767)

昨日は、立憲民主党道連の仕事ため札幌入りしました。

1)大谷翔平選手

大リーグ エンゼルスの大谷翔平選手が、
日本時間の昨日、33号本塁打を放ちました。

飛距離463フィート(約141.1メートル)、
打球速度116.5マイル(約188キロ)の特大アーチ。

外国人選手によるオールスター戦前の 33本塁打は、
通算609本塁打のサミー・ソーサに並んで歴代トップです。

日ハム時代、函館の千代台球場で初めて大谷選手を見たのですが、
あの頃は、スラリとした雰囲気で、弱々しさすら感じました。

ところが今、画面から見る彼の体躯は、
ガッチリとして、何倍も大きくなっています。

努力と天分、その両方のなせる技だと思いますが、
あまりにも凄い活躍に言葉もありません。

私は心配性なのかもしれませんが、
この大活躍が失速しないかやきもきしています。

とにかく精一杯頑張ってくれることを祈念しております。

今日は、道連の用務の一環で、苫小牧入りします。

山岡逹丸議員をはじめ9区の皆さんの応援です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.7.11===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です