徒然日記

21年7月10日 その5069『逢坂誠二 の徒然日記』(6766)

昨日も短い時間でしたが、函館市内を歩いています。

1)感染増加
12日から緊急事態宣言が発出される
東京の感染者数は明らかに増加傾向です。

====
東京都の昨日の新規感染者数は822人。

感染者数が800人を上回るのは3日連続。

前週の金曜日との比較では 162人の増加。

前週の同曜日比での増加は20日連続。
====

こんな状況でもオリパラを実施するのですが、
常軌を逸していると感じます。

国民の命と暮らしを守る予算以上に、
オリパラ予算も湯水のように流れ出ている、
バケツの底が抜けた印象です。
(詳細を公開しないためあくまでも推測ですが)

2)緊急事態宣言下のオリパラ

昨日の日記でも書きましたが、
緊急事態宣言が発出されるということは、
今の東京は「国民生活及び国民経済に甚大な影響」が出ている
と政府は認めたことになります。

こうした状況の中で、
政府はどのような考え方でオリパラを開催するのか、
これに対し以下のような政府の返答がありました。

==政府の返答==

  政府として、まずは、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除できるよう、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に全力を尽くしていく。感染防止対策をしっかりと講じ、また、希望する方へのワクチンの接種を早急に進め、国民の命と暮らしを守る取組を進めていく。

○ 
その上で、東京大会については、感染症対策をしっかりと講じ、安全・安心な大会を実現するため、大会関係者が一丸となって準備が進められている ところである。

○ 
7月8日の五者協議の合意では、東京都に緊急事態宣言が発令されることとなったことを受け、人流を抑制するとともに感染拡大の防止等に向けた厳しい措置として無観客とすることとされたところであり、緊急事態措置が講じられていない、埼玉県、千葉県、神奈川県についても無観客とされたところ。

○ 
政府としては、引き続き、新型コロナ対策に全力をあげる中で、より多 くの方々に安全・安心な東京大会の開催が可能であるという思いを強くしていただけるよう、関係者と緊密に連携しつつ、大会に向けた準備を着実に進めてまいりたい。
==以上==

つまり政府の講ずることなどは以下ということです。


感染拡大防止に全力


ワクチンの接種を早急に進め、国民の命と暮らしを守る取組を進める


より多 くの方々に安全・安心な東京大会の開催が可能であるという思いを強くしていただけるよう、
関係者と緊密に連携しつつ、大会に向けた準備を着実に進める

結局は何の考えもなく、単にオリパラを開催する、
そのことだけが目的ということなのだと思います。

オリパラの開催は本来、夢のあるワクワクすることですが、
今回ばかりは、国民不在のオリパラに思えてなりません。

今日は、党の道連の会合のため、札幌入りします。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.7.10===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です