徒然日記

21年7月16日 その5075『逢坂誠二 の徒然日記』(6772)

函館は雲の多い朝を迎えましたが、
雨の予報はありません。

朝の気温20度、日中は夏日になる見込みです。

1)バブルは穴だらけ

都内の感染者数が急激に増加する懸念があります。

そうした中、オリンピック関係者へのバブル方式が、
機能していない事実が次々と明らかになっています。

私には、最悪の状態の中でオリンピック開催と見えるのですが、
それでも菅総理は、安心安全を言い続けています。

現実を見ていない、悲壮感すら漂う狂気、異常な姿です。

2)いよいよ
パリで16日から開催される
今年の世界遺産委員会での新規案件審議は、
7月24 日(土)から 28 日(水)に予定されております。

北海道北東北の縄文遺跡群は全45 件中30 件目に審議予定で、
具体的には27日1:30~(日本時間の18:30)から、
当日の3件目の審議案件となります。

順調に進めば、日本時間の27日(火)の18時30分から1時間後くらいには、
いよいよ世界遺産登録が決まる可能性があります。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.7.16===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です