徒然日記

21年7月25日 その5084『逢坂誠二 の徒然日記』(6781)

昨日は、函館、札幌で活動した後、釧路入りしました。

札幌は雲の少ない青空の広がる天候。

一転、昨夕の釧路空港は濃霧。

今朝も街全体が霧に包まれる、まさに夏の釧路らしい状態です。

釧路訪問は2013年5月以来のことだと思いますが、
前回の訪問は釧路空港から阿寒へ向かったため、
市の中心部を訪れるのはもっと以前のことになります。

その訪問がいつのことだったか思い出せないのですが、
釧路といえば寝台普通列車「からまつ」の記憶が鮮明です。

1980年10月だったと思います。

釧路から小樽まで、この「からまつ」に乗りました。

学生時代は随分と自由な時間があったのだと
懐かしく思い出しています。

寝台普通列車「からまつ」のことも、
いずれかの時期に書きたいと思います。

そうそう同じく寝台普通列車「山陰」のことも。

今日は、道連会長として北海道7区総支部の定期大会に出席し、
その後、地元マスコミを訪問する予定です。

今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。

===2021.7.25===

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です