徒然日記

21年9月29日 その5150『逢坂誠二の徒然日記』(6847)

昨日、党のコロナ本部会議のため上京しています。

今日は朝の便で帰函し、地元を歩きます。

1 )気を抜くな、そして支援を

政府は、現在発令中の緊急事態宣言と延防止等重点措置を
30日の期限で全て解除することを決めました。

確かに新規感染者数は減り、私としても安堵しています。

しかし先日、意見交換をした専門家の方は、
今回急激に新規感染者が減った理由が不明とのことでした。

政府も今回の感染者減少の要因を
十分に把握している訳ではないようです。

たまたま減ったというのが実態と見るべきです。

従って次の波が来ることも念頭に置いて、
気を抜くことなく対策を講ずる必要があります。


6波が空振りに終わっても良いから医療提供体制を整えること


相変わらず時短要請が続くことも含め、
減収した事業者への支援を行うこと


生活に困窮する個人への支援を行うこと


必要な方が検査できるよう国の関与で
PCR検査の体制整えること


抗体カクテルをはじめ有効な治療薬を
速やかに投与できる体制を構築すること

これらをはじめ確実な対策を講ずる必要があります。

今夜は、下弦の月です。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.9.29===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です