徒然日記

21年9月30日 その5151『逢坂誠二の徒然日記』(6848)

夜明け前の函館は、弱い雨が降っています。

朝の気温は20度、午前は雨の予報です。

朝一番で街頭に立つ予定でしたが、雨のため中止となります。

1)歩く歩く、聞く聞く

私は国民の皆様の声を聞くことが政治の基本だと考えています。

国民の声を聞き、生活や地域の現実を受け止めることなしに、政治の役割は果たせません。

国民の声は、待っていれば届くものではありません。

だから歩いて、会って、耳を傾ける必要があるのです。

これは私のニセコ町長時代からの信念です。

一方、政治家は、国民の声のままに行動しているだけでは、その役割は果たせません。

将来を見通して、声なきことであっても、国民の声に反することであっても、
実行しなければならないことも多々あります。

将来を見通すこと、声のないことを行うこと、声に反して行うこと、
政治には、このようなことが必要なのです。

だから政治の責任は重いのです。

歩く歩く聞く聞くを基本にしながら、
政治の役割、政治家としての役割を確実に果たしたいと思います。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.9.30===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です