徒然日記

21年11月14日 その5196『逢坂誠二の徒然日記』(6893)

昨日、東京から帰函し、地元の自治労の定期大会で挨拶。

その後、丘珠経由で釧路入りし、今朝は釧路で朝を迎えました。

釧路空港に到着した際には、
おっ函館より暖かいと感じたのですが、今朝の気温は 1度!!

さすがに寒いですね。

夜明け前の空、雲は少なめです。

1)赤潮対策

釧路では、7区関係者の皆さんと、
総選挙や地域の課題について意見交換をしました。

特に赤潮被害は深刻です。

共済以外の支援策を講ずることや、
自治体独自対策に対する特別交付税措置などについて意見を伺いました。

赤潮、燃油高について、明日と明後日、政府に要請することとしております。

2)不公平

与党内で合意された18歳以下の子どもを対象にした10万円の給付について、
合意されたはずの与党内からも不公平との声が上がっているようです。

今回の合意内容では世帯主の年収が960万円なら支給されませんが、
夫婦それぞれが年収950万円、合計世帯収入1900 万円の場合は支給されます。

これはいくらなんでもおかしいとの意見ですが、当然のことと思います。

私が繰り返し述べていますが、今、必要なのは、生活に困窮する皆さんへの支援です。

子供たちへの支援は必要なことですが、それは現金給付ではなく、
授業料や給食費の引き下げ、返済不要の奨学金の拡充などで対応すべきです。

今は年末に向けて、10万円給付だけに拘らず
困窮者への支援を早急に行う必要があります。

今日は、朝一の飛行機で帰函し、森町、七飯町などを訪問する予定です。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.11.14===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です