徒然日記

21年11月27日 その5209『逢坂誠二の徒然日記』(6906)

選挙戦9日目です。

連日、夜が遅いため、いつものように午前4時起きができず、
完全に生活のペースが狂っています。

衆院選挙中も、もっと早く布団に入っていましたので、
先月よりも寝不足感を強く感じています。

やはり私は、朝型なんだと思います。

1)捲土重来

昨日、今回の衆院選挙で残念ながら勝利できなかった、
全国の数名の皆さんと意見交換をしました。

個別に話を伺うと党本部のサポート体制の不足が多くあり、
今後の党勢拡大に向けて大きな課題であることが分かります。

*公募候補者と選挙区のマッチングを丁寧に行う
*前の支部長等からの引き継ぎが悪い
*落選とともに支部長解任となり先行き不安定
*党員集めの方法、意義が理解できなかった
*選挙区の事情は個別に直接聞いて欲しい
*地域によって特定政党ばかりが報道される(メディアチェックが必要)
*有権者からの政権担当能力への不信
*接戦区で争点を明確化できなかった
*現職の場合、秘書一人分くらいの経費をみて欲しい
*党の基本姿勢を言い続けること(例えば「国民の生活が第一」など
*政策にメリハリがない
*効率性一辺倒を止める
*事前の情勢調査と選挙結果に乖離があった
*もっと一般の方に伝わるキャッチフレーズが必要

以上などをはじめ数多くの意見を頂きました。

捲土重来をきして全国で頑張る仲間の皆さんに対し、
党のサポート体制の強化が急務です。

これも代表になったら即、行うべき案件です。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.11.27===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。