徒然日記

21年12月19日 その5231『逢坂誠二の徒然日記』(6928)

今日の都内は朝の気温が零度近くまで下がっています。

場所によっては氷点下になったところもあるようです。

昨日は、真冬日の函館に戻り、少しの時間でしたが、
歩く歩く聞く聞くを実施しました。

今日は党務のため長野に向かいます。

1)子どもの目線で

18歳までの10万円給付には、
主たる生計者の収入が 960万円以下との所得制限があります。

夫の収入が960万円を超過すれば支給対象外ですが、
夫婦それぞれが950万円の収入があり
世帯合計1900万円の場合は支給対象となります。

この点、極めて不公平との声が数多く寄せられますが、当然です。

一方、所得制限を設けたことで、別の課題も見えて来ました。

今回は子どもを対象とした給付ですが、
子ども達に分断が起きているのです。

昨日、頂いたご意見によれば、
以下のようなことが起きているとのことです。

====
所得制限で給付金をもらえない子ども達200万人が、
学校や教室で苦しんでいます。

学校でも教室でも、この給付が話題になっていて、
お友達同士で「何を買う」とか、「旅行に行く」などの話をしています。

ところが給付対象外の子ども達は、この話に加わることはできません。

大人なら割り切って、そんな話は無視するでしょうが、
小学校低学年の子供には対処の仕方もわかりません。

学校が大好きで毎日休まず通っていた子どもが、
この給付金の話が出てから学校に行きたくないと言い、
小さい心ながら苦しんでいます。

それを見ている親の気持ち、
学校に行かせなきゃいけない親の気持ち・・・、
学校に送った後、毎日、ごめんねと涙が止まりません。

なぜ国の政策で子ども達が、
毎日毎日こんなにも苦しまなきゃいけないのでしょうか。
====

子どもを対象とする給付に所得制限を設けたことで、
こんなことが起きているのです。

自治体独自の判断で、所得制限を撤廃するところもあります。

国は所得制限撤廃部分に対しては補助をしないとのことですが、
今回の例に見られるように、
子ども政策への所得制限は弊害もあります。

岸田総理は、所得制限の撤廃を決断すべきです。

所得の多い世帯には、負担能力に応じて税などで負担頂くべきなのです。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2021.12.19===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。