徒然日記

22年1月9日 その5252『逢坂誠二の徒然日記』(6949)

昨日、帰函し、今日は函館での朝です。

気温零度、雲の広がる朝です。

路面が濡れていますが、歩道は凍結ツルツル状態です。

1)懇談

帰函後、即、八雲に移動し、漁師さんや農家の皆さんと、
全体で3時間に渡り懇談させて頂きました。

漁師さんからは、技能実習の課題についてじっくりと話を伺いました。

ポイントは二つです。

*悪質な監理団体があること
*漁師自身が不勉強なため適切な制度運用となっていないこと

これによって、様々な問題が露呈しているとのことです。

笹田道議とも連携をとりながら、
少しでも改善できるよう取り組みたいと思います。

農家の皆さんとは、農業に限らず広い範囲にわたり意見交換をしました。

極めて有意義な時間となりました。

2)説明責任

行政には、行政の様々な活動についての情報を提供し、
その活動を説明する責任があります。

この行政の説明責任は、憲法の国民主権の原則に基づくものです。

主権者である国民にこうした説明を行うことは、当然のことなのですが、
最近はこの当たり前のことがないがしろにされています。

行政によって説明責任がないがしろにされるばかりか、主権者である国民の側も、
行政が説明しないことを容認する場面もあり、少々驚くような事態になっています。

民主主義が健全に機能するためには、説明責任が確実に果たされなければなりません。

まさかこんな基礎的なことを
改めて確認しなければならない時代になるとは、
思ってもみませんでした。

CLPへの支出についても、
行政ではありませんがキチンと説明できるよう、
現在、幹事長が準備を進めております。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.1.9===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です