徒然日記

22年1月22日 その5265『逢坂誠二の徒然日記』(6962)

今日午前1時ごろ、日向灘を震源とする地震が発生し、
大分県と宮崎県で震度5強、熊本県と高知県で震度5弱の揺れを観測しました。

マグニチュード6.6。震源の深さは45キロ。津波はありませんでした。

立憲民主党は午前1時14分に情報連絡室を設置しました。

この地震で強い揺れになった九州と四国、山口県の広い範囲の自治体で
震度の情報が入らなくなるトラブルも発生しています。

今回の震源域は、南海トラフ巨大地震の想定震源域です。

「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」は
マグニチュード6.8以上が観測された場合
などに開催されるルールのため、今回は対象外です。

この地震による被害については、まだ全容がわかっておりませんが、
ケガをした方がいたり、水道管の破裂と見られる冠水、
ブロック塀倒壊などの情報があります。

日向灘では、この地震以降も震度1以上の地震が繰り返し発生しており、
気象庁は「今後1週間程度は最大震度 5強程度の地震に注意してほしい」としています。

近年では、東日本大震災の発生した2011年、熊本震災の発生した2016年が、
地震発生回数の多い年となっていますが、
地震の回数にとらわれずに、地震への備えをすることが重要です。

今日朝の便で帰函します。
さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.1.22===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは。

    逢坂さん、教育に力を入れようとする人たちにも、いろいろな人たちがいます。
    下村氏が会長の「超党派」協議会が何も目指すのか、言うまでもないでしょう。
    教育勅語を基にした洗脳教育です。高々、明治以降にでっち上げられた直後に
    縛られて、再び国民の未来を閉ざしてしまってはいけません。
    泉代表も協議会に参加しているようですが、彼は未熟です。
    代表代行として、代表を牽制し、場合によっては羽交い絞めに
    してでも、こうした流れに足元を掬われないようにしてくださいね。
    ――――――――――――――――――――――
    会合で下村氏は「教育は未来への先行投資だ。
    人材づくりで日本を立て直す」と述べた。
    安倍氏は「超党派、民間の知恵を結集し、
    教育立国推進に全力を尽くしたい」と強調した。
    https://www.sankei.com/article/20220119-XFYHVLG66NKD7BE5QWMEFYKAZI/

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。