徒然日記

22年3月11日 その5313『逢坂誠二の徒然日記』(7010)

東京の日の出は、1月上旬よりも50分近く早くなっています。

今日の朝の気温は5 度程度。日中は18度まで上昇します。

函館も8度程度となり、雪どけが進むものと思います。

1)東日本大震災

あれから11年目の朝を迎えました。

津波、通信手段の途絶、原発の爆発などが発生します。
あの日、そしてその後のことを思うと
今もいてもたってもいられない気持ちになります。

3万8千人もの方がまだ避難しております。

亡くなられた皆さんのご冥福をお祈りします。
被災された皆さんに心からのお見舞いを申しあげます。

社会全体を備えのある体制にしなければなりません。

2)ウクライナ本部

昨日、党のウクライナ本部会議に、
在日ウクライナ人の皆さんにおこし頂き話を聞きました。

皆さんが、異口同音にロシアへの経済制裁の強化を要望されます。

日本から支援物資を送るルートの確保についても話がありました。

また日本の報道に対する次の発言はなるほどと感じました。


日本の報道は情緒的で家族とか子どもが多く登場し、
人の感情に触れるものが多い。
証拠(映像)のない報道を鵜呑みにすることも多い。

これはぐさっとくる一言でした。

会議はフルオープンでマスコミの皆さんも聞いていたはずです。

どのように受け止めたのか、後日、確認したいと思います。

世界最大の輸送機アントノフをご存知でしょうか。

全長84メートル、幅はおよそ88 メートル

旧ソビエト時代にウクライナで1機のみ開発されたものです。

東日本大震災の折には、日本にも支援物資を空輸したこともあります。

私もその大きさに圧倒されました。

先月、このアントノフが、ロシアの攻撃で燃えたとのことを、昨日、知りました。

修理中で離陸できなかったようです。

夢を意味する「ムリーヤ」が愛称でした。

「ロシアは、私たちの『ムリーヤ』を破壊しても、自由で民主的なヨーロッパの国になる、私たちの“夢”は壊せない」
ウクライナ・クレバ外相はこんなコメントを出しています。

昨日、ウクライナとロシアの外相会談が行われています。

条件を突きつけて停戦議論を行うのは単なる脅しです。

まず停戦する。その上で、課題を話し合うべきです。

これ以上の殺人は止めねばなりません。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.3.11===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 本日の日記
    『まず停戦する。その上で、課題を話し合うべきです。』

    賛成です。

    「停戦する為の条件を話し合う」のは、ほぼ不可能。
    とにかく、まずは停戦し、
    話し合える環境を整えるべきです。

    願わくば、新たな対立や憎しみを生む「敗戦」「勝戦」ではなく、
    停戦中の対話からそのまま「終戦」に向かって欲しいものです。

    この戦争は、両国の国民の力(民意)でなければ、解決できないように思います。
    ・ロシアがこの蛮行に至った原因・経緯は、何か。
    ・ウクライナ人(ウクライナ系・ロシア系・他)が、どのような国を望んでいるのか。
    ・今、ロシア国民は何を思っているのか。

    以下の2本(3本)、考えさせられる文でした。(他党系のリンクで申し訳ありません。)
    ・朝日新聞の論座:外務省でソ連課長やモスクワ大使館次席公使、欧州局長などを歴任した東郷和彦氏による解説
    https://webronza.asahi.com/politics/articles/2022022300002.html?ref=
    ・その3ページ目で引用されている
     小田健「独統一の際、NATO東方不拡大の約束はあったのか」2022年1月25日
     https://news.yahoo.co.jp/articles/fd8419415de12d4b2a9fd356d376f5e4104d5831

    ・長州新聞:山本太郎×伊勢崎賢治(東京外大教授)緊急対談
    https://www.chosyu-journal.jp/kokusai/22870

    表面的な報道で、日本の勇ましい人たちが煽られないように

    逢坂さん、
    先を見据えた冷静な視点で、絶対に 暴走を押さえてください!!!
    お願いします!!

    長くなり、申し訳ありませんでした。m(__)m

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。