徒然日記

22年4月1日 その5334『逢坂誠二の徒然日記』(7031)

4月1日、新年度のスタート、
都内は気温5度程度、雨の朝です。

入学、進学、進級、就職、転勤など、
1月1日と違い、生活への具体的な変化の始まりです。

希望に満ちた新たな始まり、そう言いたいところですが、
引き続くコロナ禍、さらにウクライナ問題など、
7私たちを取り巻く環境は決して明るいものではありません。

今日はエイプリルフールで、
何か気の利いた書き込みをしたいのですが、
例年のような気分にはなれません。

1)十方ぐれ入り

今日から10日間、十方ぐれ(じっぽうぐれ)となります。

十方暮とも書きます。

以前も言及したと思いますので、詳細は省略しますが、
十方暮の期間中は、婚礼(入籍・結婚)、相談、旅行、引っ越し、訴訟など、
事を起こしても失敗や損失を招く恐れがある凶日とされています。

これから10日間は、慎重に過ごそうかとも思います。

一方、日めくりを見ると「大吉日にて何事にもよし」とあります。

今日は十方ぐれ入りよりは「大吉日」であることを念頭に、
気分を転換し、新年度のスタートに相応しく明るく活動したいと思います。

今日は、ちょっとやるべきことがあり、午前3時前から起きています。

2)キーウ

政府は昨日、ウクライナの首都キエフを、
今後は「キーウ」に変更すると発表しました。

今までのキエフはロシア語に由来しKiev、
ウクライナ語ではKyivで「キーウ」とのこと。

その他の地名もウクライナ語読みに変更されます。

「チェルノブイリ」→「チョルノービリ」
「オデッサ」→オデーサ」
「ドニエプル」→「ドニプロ」

政府は、正式に呼称を変更するには、
「在外公館の名称・位置ならびに在外公館勤務外務公務員給与法」
の改正が必要としています。

政府は、法改正は次期国会以降とするようです。
(この程度の変更が即できないは、ちょっと不思議な感じです。)

首都の呼称を変えることで、 G7をはじめとする国際社会と連携し、
ウクライナへの連帯を示す狙いがあると説明されています。

確かにそうなのでしょうが、私たちは今、極めて危うい不安定な時代におります。

ロシアの侵攻に対して毅然として抗議し、ウクライナの側に立つことは大事なことですが、
その一方で、これ以上、国同士の関係が滅茶苦茶にならないような冷静さも必要です。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.4.1===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。