徒然日記

22年4月17日 その5350『逢坂誠二の徒然日記』(7047)

都内は雲が多めの朝ですが、雨の雰囲気はありません。

日の出前の気温は10度、日中は16度程度になる見込みです。

1)つらつらと

昨日、札幌で「DASH!どさんこ選挙アカデミー」が開講し、
第1回目の講師として話をしてきました。

政治に関心がある、政治家になりたい、そんな思いがあり、
年齢、職業なども多様な皆さんに参加頂き有り難く思っております。

昨日の多様な参加者の皆さんと、講義ではなく、
一度、意見交換をしたく感じました。

今日は静岡で講演を行う予定です。

最近、以下のようなことをつらつら考えています。

====

経済が活性化しても、多くの国民が貧困に喘ぐような税制や社会保障制度ではいけません。

食料やエネルギーを確保しても、それが国民に確実に届かなければ意味がありません。

防衛体制を整えた結果、国民生活に支障が出るようでは本末転倒です。

経済を活性化することも、食料やエネルギーを確保することも、防衛も、
これらは全て、不安のない安定した国民の生活を実現するために行うことです。

長い間、賃金が上がっていません。
教育の格差も広がっています。
国際的な日本のあり方も低下しています。

今の日本は、決して良い状態とは思われません。

しかしどんな状況の中であっても、
政治は、国民に夢と希望のある方針を示し、
それに向かっての具体策を実行する必要があります。

社会の現状に応じて、政治が一緒に俯いていたのでは、状況は好転しません

今日よりも明日、明日よりも明後日、
今よりもさらに良くなっている、
この道すじを描くのが政治の役割です。

====

当たり前のことのように思われますが、ここしばらくの政治は、
国民の生活のことを忘れていると言わざるを得ません。

株価や企業収益が上がっても、
国民の生活が良くならなければ意味がないのです。

今日は満月です。

夜は晴れるでしょうか。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.4.17===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。