徒然日記

22年5月29日 その5392『逢坂誠二の徒然日記』(7089)

今朝の都内も雲の少ない朝です。

朝の気温は17度、日中は31度との予報が出ております。

1)秋山けんじ さん
昨日は、山口県連の定期大会、
参院山口件選挙区の秋山けんじ候補予定者を励ます会、
さらに下関駅前での街頭演説のため下関市を訪問しました。

また地元の連合の皆さんとも意見交換をさせて頂きました。

有意義な1日となり心から感謝しております。

====
ところで、秋山けんじさんは、
安倍晋三元総理の議員秘書を14年など、
自民党議員秘書を20年近く務められた方です。

そんな方がなぜ、立憲民主党から参議院議員に挑戦するのか、
疑問に思う方も多いと思います。

==以下、秋山さんの思いです==

自民党一強体制は政治が安定し国民のためになると信じ、
安倍晋三議員をはじめ自民党の議員の秘書を務めていた。

しかし父が痴呆症となるなどにより、地元に帰ることになった。

政治から離れ福祉の支援相談員として仕事をした。

秘書ではなく、一人の生活者として地域や政治を見た時に、
山口の衰退を放置し、国民生活にも目もくれず
権力争いに明け暮れる自民党政治の姿に、
大きな憤りを感ずるようになった。

一強政治の象徴、安倍総理の地元なのに下関は衰退し、
庶民の暮らしは厳しくなるばかり。

一強政治は強い者をより強くする政治に過ぎないことに気づいた。

こんなことでは地域は、日本は良くならない。

日本は自民党に対抗する勢力がなければダメだと思い、
野党第1党である立憲民主党からの立候補を決意した。

akiyama-kenji.net

==以上==

多くの皆さんに、この秋山さんの思いを受け止めて頂きたいと思います。

今日は帰函します。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.5.29===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。