徒然日記

22年7月31日 その5455『逢坂誠二の徒然日記』(7152)

函館の空、雲が多めの朝ですが、徐々に晴れの予報です。

朝の気温は24度程度、日中は30度を上回る見込みです。

1)道連の選挙総括
昨日、札幌で参院選挙後初の道連の常任幹事会が開催されました。

徳永エリさん、石川知裕さん、2人の当選を目指しましたが、
現職の徳永さんだけの当選となり、誠に申し訳なく感じております。

昨日の幹事会では道連としての選挙総括について議論をしました。

*公募の妥当性
*擁立決定の時期
*支援団体との関係
*2人候補の支援体制
*広報のあり方

こうしたことをはじめとして、様々な論点が出されました。

2 人擁立して良かった、比例票は伸びたなどの意見も出されました。

確かに比例票と得票率は、僅かですが増えています。

今回:500,331票(21.53%) 
前回:495,392票(20.85%)

今後、総支部の皆さんの意見も聞きながら、
道連としての総括をまとめることとしております。

2)若者の低投票率
先日、道新のコラムで若者の低投票率に言及しておりました。

若者の投票率が低い原因は色々とありますが、
私は日本でそうなるのは当然という気もしております。

日本の学校では基本的に政治的な話は避け、
政治に言及することはタブーだとの雰囲気があります。

政治に近づくことは悪いこと、
そんなイメージを持っている方々も多いのではないかと思います。

そんな皆さんが18歳になって、突然、投票に行けと言われても、
行く気にならないのは当然のことだと思います。

道新コラムの抜粋は以下です。

====
学生たちの多くは新聞を読まず、テレビさえほとんど見ず、
情報はスマートフォンで検索して得れば済むという。

だから政治のニュースそのものに触れる機会が圧倒的に少ない。

インスタグラムやLINE、ツイッターなどを駆使して
素早く情報を得ている一方、部屋にテレビはない。

SNSやネットは「見たいものを見る」場所だ。

ある学生が
「政治に興味がなければ検索しないから、政治ニュースにたどり着くことは絶対にない」
と話すとほかの学生もうなずき、参院選があることすら知らない学生も多い。

教育現場では主権者教育が以前よりも積極的に行われてはいるが、
若者の低投票率には大きな変化はない。

学生の1人はその理由を「選挙の仕組みを教わるだけだから」と語った。

具体的な政党や政治家の名前を挙げ、政治情勢について議論したりした経験はないという。

教師個人の政治的思想を、押しつけることになりかねないという懸念もあるのだろう。

だが、それが若者と現実の政治を遠ざけてしまっていないか。
==以上、抜粋引用終了==

日本の主権者教育は、ありのままの政治の議論をしていないのです。

これは生徒の皆さんにとっては面白くない授業だと思います。

主権者教育を行えば行うほど、政治嫌いになる。

そんなことにならないよう、もっと現実に即した取り組みを行う必要があります。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
===2022.7.31===

逢坂誠二の公式LINEからご意見をお寄せ頂く場合は以下から登録をお願いします。
lin.ee/DCyVX7R

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。