徒然日記

8月29日 その1851『逢坂誠二の徒然日記』



今日も都内は薄雲の広がる朝を迎えた。

夏至から二カ月が経過し、
徐々に日の出の時刻が遅くなっているのを感ずる。

しかし今日も
昼間の最高気温は34度と、真夏の暑さが続く。

こんな時期は、
充分な栄養と睡眠が必要なのだが、
それはなかなかままならない。

しかし朝の雰囲気は、
何となく暑さが和らいだ感じがする。

1)参院総務委員会
昨日は、朝から昼過ぎまで、
参院総務委員会での答弁対応となった。

早朝から答弁打ち合わせを行い、
3時間半近く、答弁席に座りっぱなしだった。

議案は、
自治法改正と大都市地域特別区設置法だ。

いずれもこれまで、
何度も議論してきた法案であり、
それほど答弁に窮するような質問はなかったが、
嫌がらせ的な質問や、
何を説明してもとにかく反対姿勢を崩さない方への答弁は、
ちょっと気分が暗くなる。

それでも昨日は、
多少なりとも提出者の思いがご理解頂けたものと思うが、
私の思い過ごしかもしれない。

いずれにしても、
両法案とも委員会を通過し、
本日の参議院本会議で成立の見込みだ。

====

大都市地域に特別区を設置する法案は、
維新の会に迎合した法案との見方をする方が多い。

しかし、本質は全く違っている。

この法によって、
地域での自治のあり方についての議論が加速するはずだ。

私は、これは素晴らしいことだと思っている。

この議論を通して、
現在、大阪地域で提案されている特別区構想の、
メリットやデメリットを十分に把握し、
協議会、議会、住民投票、さらに国との協議など、
それぞれの段階で、本当に実現可能なのかも含め、
存分に検証すれば良いと思う。

こうした取り組みによって、
さらに厚みのある自治の活動が実現を期待したい。

2)憶測と扇動
最近、非常によろしくない報道を目にすることがある。

さほどの確証もないのに、
あたかもある事実が存在するかのような記事をぶち上げ、
その存在しない事実の方向にそそのかすような報道だ。

ありもしない事実なのに、
そのことを書くことにより、
各人が混乱する。

各人がその否定のための行動を行うと、
さらに後追いで、その事実があったかのように報道をする。

こんなことの繰り返しで、
人間関係に亀裂が走り、
結局、そのありもしない事実が現実であったかのように、
印象付けてしまうのだ。

最近、私の周囲の方々について、
こんな報道が散見される。

それが事実ではないことを知っているだけに、
何とも痛々しい思いがしている。

昨夕、自公の皆さんが、
野田総理の問責決議を参議院に提出したという。

どんな理由で提出したのか分からないが、
今は、こんなことをしている時期ではないだろう。

山積する課題に真正面から取り組むことが必要だ。

昨日も今日も、緊迫した雰囲気が続く。

さあ今日も、しっかりと前進します。
=============
   2012・8・29 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です