徒然日記

9月7日 その1859『逢坂誠二の徒然日記』

昨夕から、都内は雨が降ったり、

止んだりの天気になった。



夜明け前の今、雨は上がり、

雲も少なくなっているが、

大気の状態は不安定な感じだ。



予報は晴れなのだが、

にわか雨の可能性もある。



最高気温は32度と予想され、

さすがに真夏の暑さが、

若干、おさまった模様だ。



今日は白露だ。



====



昨日は、党の重要政策に関し、

政調役員会などで、様々な決定があった。







1)原発

原発について、次のような決定が行われた。



====



40年運転制限を厳格に適用する





原子力規制員会の安全確認を得たもののみ、

再稼働とする





原発の新設・増設は行わない



以上の3つの原則を厳格に適用する中で、

2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう、

あらゆる政策資源を投入する。



====



以上を内容とする、

「「原発ゼロ社会」を目して」と題する

エネルギー環境調査会報告が了承された。



これで2030年代に、原発をゼロにする方向が

大きく確認されたことになる。



また大間原発について、

私から政調会長に確認したところ、

「島根三号機はほぼ工事が完成しているが、

大間はまだ工事が半分も進んでいない。

このため島根と大間の扱いは異なる」旨の発言があった。



この発言は、

大間の工事を凍結することに直結するものではないが、

島根と違う扱いになるとの発言は、

大きな一歩と受け止めたい。



====



核燃料サイクルについても、

次のことが決められた。





国の責任を明らかにする





本質的な必要性、技術成立性、

社会的受容性等を一から見直すべきである



====



「原発ゼロ社会」を目指して、

党としての考え方を整理したが、

今後は、この党の考えを受け止めて、

政府がどんな決定をするかを注視しなければならない。







2)TPP

TPPに関しては、昨年、11月に9日に、

ハワイAPECに向けて、次のことが確認されている。



====





TPPへの交渉参加の是非の判断に際しては、

政府は、懸念事項に対する事実確認と

国民への十分な情報提供を行い、

同時に幅広い国民的議論を行うことが必要である。





APEC時の交渉参加表明については、

党PTの議論では、

「時期尚早・表明すべきではない」と

「表明すべき」との両論があったが、

前者の立場に立つ発言が多かった。





したがって、

政府には、以上のことを十分に踏まえた上で、

慎重に判断することを提言するものである。



====



昨日は、この昨年11月9日の提言等を踏まえ、



「TPPへの交渉参加の是非につき、

 慎重に判断することを求める」



との報告が、経済連携PT座長から行われ、

政調役員会で了承されている。



====



TPPに関しても、

党の「慎重に判断することを求める」との決定を受けて、

今後、政府がどのような判断をするのかを

注視しなければならない。







3)邪推

「他人の言動を、疑ってかかったり、

 悪い意味に推察したりすること。

 ひがみを持って、悪い方向に推察すること」



手元の辞書に記載の「邪推」の意味だ。



====



衆参の選挙制度が違憲状態にあるが、

今国会での、それを解消するための法案の成立は、

絶望的となった。



このことに対し、多くの報道で、

民主党は予めこうしたことを狙っていたとのコメントが多い。



昨年秋から、

この選挙制度改革に携わってきたものの一人として、

こうしたコメントは邪推と言わざるを得ない。



昨年10月25日には、

我が党から各党に対し、

一票の格差解消作業を先に行いつつ、

定数削減や選挙制度改革を議論しようと提案している。



しかし多くの野党から、

格差是正を先行させたら民主党は、

単純に比例削減だけを行うことになるなどの強い批判を受け、

最終的には、

格差是正、定数削減、選挙制度改革の3点を

セットで議論することが確認されたのだ。



こうした経過があることを踏まえた報道をすべと思う。







今日は229日間という長い通常国会の

事実上の最終日となるが、

朝から勉強会がセットされているうえ、

各種委員会の会期末の手続きも目白押しだ。



午後には、両院議員総会も予定されている。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

   2012・9・7 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは。

    2つの疑問。

    (1) 原発 : 親切、あ、”新設・増設はおこなわない”原発と”・・・見直すべきである”核燃料サイクルの存続は矛盾します。原発ゼロなら隔年サイクルは即刻停止破棄です。原発ゼロを言いながら核燃即廃棄と言わないのはなぜでしょうか?

    (2)”慎重に検討”とした結果、”はっ!と驚く大三元”になることもありえますよね?官僚言葉に誤魔化されないようにしてくださいね。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です